え?フルーツ青汁に正しい飲み方が!?思うように体重が減らない時の対策

<フルーツ味で美味しくて飲みやすいから、ついついオヤツと一緒に飲んでいました。でも、正しい飲み方ってあったんですね!?>

 

飲むだけで痩せれると書いてある商品が多くて、太ったかな?とおもって試してみると、、、あれ?飲んでもぜんぜん痩せないな。
と言う事をいつも割りと繰り返す内に、どんどんと太ってしまうんです。

 

効果が出ないと飽きてしまって、1月足らずでヤメてしまう事もしょちゅうなんです。

 

座り仕事だし、オヤツも、炭水化物系の食事も大好きだし、たまにはお酒も呑みたいし。
そんなわけで飽きないように、今度はすっきりと飲みやすくて続けやすそうなフルーツ青汁にTryしてみることにしました。

 

ジュースやお茶感覚でついついブレイクタイムにオヤツと一緒に飲むと、体に良い事している気持ちになれて、オヤツの後ろめたさも軽減。
でも、やっぱり他のダイエットサプリと同じで上手く痩せないんです。。。

 

そんなあなた!!実はフルーツ青汁の効果を生かす“正しい飲み方”がある事はご存知でしたか?
それは、必ず“お食事前に飲む!”ことと、お食事や炭水化物の代わりに“置き換え”して飲むことなんです。

 

体重の減量には一日4000Kcalの消費が必要で基礎代謝はだいたい1500Kcalになるためお食事全体のカロリーを落として、軽い有酸素運動で代謝を上げる事はやっぱり外せないんですね。

 

 

<雑誌の記事や口コミみたいに、グングン効果的にやせたい!!他にどんな飲み方がありますか?>

 

“正しい飲み方”の応用編をいくつかご紹介しましょう。

 

まず、グングン効果的にやせる正しい飲み方その@は、朝ごはんを食べる前にウォーキングを20分間以上しつつフルーツ青汁を飲むこと。
お腹が減った時にも午前中は糖質を抜いて“お豆腐”や“お野菜のお味噌汁”“焼きしゃけ”“ナッツ”などを300Kcalを目安に、空腹感を感じる前に5回ほど小分けに食べてみてくださいね。

 

グングン効果的にやせる正しい飲み方そのAは、食前にフルーツ青汁を飲んでからサラダと海草を毎日2食に取り入れて、フルーツ青汁の次にサラダ、海草を食べてからオカズの後にご飯をたべる順番を守ること。

 

体は炭水化物だけでは動かないのと同じで、実はダイエットも“酵素”と“ビタミン&ミネラル”とそしてクエン酸がまず先に無いと『脂肪を燃やせない』です。
そして、燃やしたあとの老廃物をお掃除するのも「ビタミン&クエン酸」なので、サラダにはぜひレモンの絞り汁などをトッピングしてみてくださいね。

 

<朝置き換えをしつつ、軽い10分〜5分のお散歩をしてみました。>
それほどグングンとは痩せなくても、元気に体が調子よく過せるサイクルが手に入るだけでもスゴクすてきな人に見えて、魅力的ですよね。
フルーツ青汁を朝食前に飲んだら、短時間の軽いエクササイズをしてから一日の予定にお出かけしてみてくださいね。

 

ココでもおすすめは軽めのお散歩。
胸を張って、両手を前後に振りつつ、腹式呼吸しながら、歩幅をキモチ大きめに歩いてみましょう。
ウォーキングみたいな「速さ」は要りません。呼吸に合わせながら自分に合った疲れないテンポでリズミカルに歩いてみてくださいね。

 

朝一番で代謝が上がると、体が目覚めて一日の活動量と“前向きなメンタル”をキープしやすくなって、「いきいきとしたステキな人」に大変身できますよ。

 

>>すっきりフルーツ青汁の公式サイトはこちら

 

 

<太らないために、避けた方が良い食べ方、おススメなリラックス&デトックスな食べ方>
大好きな食べ方って色々ありますよね。私はお腹いっぱいになるまで食べてしまうクセがあって、どんどん食べるために“余り噛まずに飲み込んでしまう”悪い癖もあってダイエットが難航しやすいです。

 

しかも早食いすると、食べた後にお腹が苦しくなってどうしても眠くなってしまって、お仕事や家事がツラくなることもしばしばです。
ダイエットをするとどうしても夕食の後にもアルコールが欲しくなったり夜食が食べたくなってしまうんです。

 

こんな事を繰り返すと、けっきょく全くやせれなくて一体何のためにあんなに頑張ってウォーキングしたり朝置き換えしたんだろうと落ち込んでしまいます。

 

そこで、お腹いっぱい食べても良い具だくさん野菜スープを常備する事にしました。
糸こんにゃくを入れて、カロリーの低めなお豆腐の厚揚げや鶏ムネ肉と白菜&人参&大根などを生姜とお塩とごま油で味付けして、タップリ作って置くんです。

 

ある程度冷めていても美味しくて、フルーツ青汁との相性もバツグン!サラダよりも食物繊維もタップリとれるから、お腹の調子もグンと上向きになるんです。

 

 

<目標体重になったけど、朝置き換えは直ぐにヤメても大丈夫でしょうか?>

 

体重が落ちた後にキープするのが実は一番難しいんです。
なぜなら、体のサイクルはまだダイエットをしていた時が「通常」ではないため、ここからが一番元の体に戻ろうとする力が働いてリバンドしやすくなってしまいます。

 

ファスティングで一番大事なのは「復食」する時と言われる事と同じで、朝置き換えはキープしつつ血糖値の急激な上昇を防ぐように炭水化物や脂質を除いた「オヤツ(間食)」を増やしましょう。
湯豆腐やゆで卵などから、食べる量を徐々に増やしてくださいね。

 

体調が良い状態を保ちながら、やせ過ぎない状態をキープできる食事回数と量をぜひ見つけてみましょう。

 

置き換えしている時と同様に、代謝を維持できるように、温かい食べ物を中心にしながら炭水化物&お肉の揚げ物や砂糖やカフェインなど腸と体に負担になる刺激物質ハイカロリーメニューをなるべく控えるのも上手な復食のポイントです。

 

 

<ダイエットよりも大事な事は、もしかすると“楽しくて喜べる時間作り”?>

 

私がダイエット食品やや健康食品が欲しいときはどんな時かなと考えると、それは、日々の生活がマンネリしていたり、上手く行かなかったり、友達と自分を比べてしまったり少し自分に自信が無くなったときが多いです。
だからこそ、無理なダイエットで余計に悪循環になることも!!ありがちになりますよね。
せっかくお金を出して、今までよりもブラッシュアップしたいのに返って前よりイマイチになんてなりたくないですよね。

 

自分に合った、やっぱり自分らしく楽しめるライフサイクルを手に入れたいです。
だからこそ、ただすっきり青汁を飲むだけよりもパンやご飯代わりに朝置き換えなど効果的なアプローチも1つ2つづつ取り入れてみながら、洋服の試着がやショッピングが楽しくなるような生活をぜひGetしてくださいね。

 

>>すっきりフルーツ青汁の公式サイトはこちら

 

まとめ
広告や口コミを信じて色々な商品を試しながらダイエットをしてもナカナカ上手く行かないときは、利用方法が間違っているケースが多いです。

 

フルーツ青汁にも実は“正しい飲み方”があるのをご存知でしょうか?それは、朝食のパンやご飯などの炭水化物をフルーツ青汁に置き換える事なんです。
もちろん空腹が苦にならない方は、朝食全体をフルーツ青汁に置き換えてみてくださいね。

 

そして、プラス午前中に10分〜20分程度の有酸素運動を加えて代謝UPをキープしてみましょう。

 

内臓が冷えないように温かい食べ物を中心に、夕食以降はフルーツ青汁かカフェインフリーの人肌くらいに温めた飲み物で体をいたわってケアしましょう。
目標体重になっても、いっぺんに朝置き換えを中止するとリバンドして前よりも太ってしまうため、お昼間にローカロリーな間食を少し増やすようにして復食してくださいね。

 

自分に合った前よりも体がイキイキと喜ぶライフサイクルが見つかることが、一番“やってみて良かった”と思える後悔しないダイエットですよね。